抜け毛予防も血液を綺麗にすることが最重要|抜け毛を予防する7つの習慣

抜け毛予防も血液を綺麗にすることが最重要

今まで体全体のことについてお話してきましたが、頭、髪についても同じことが言えます。

抜け毛や薄毛の根本となる原因は、髪の毛を養っている頭皮への血流が、血液の汚れなどによって悪くなり、毛髪に栄養が十分にいきわたらないことです。

髪の毛に栄養がいかないと、太くハリ・艶がある健康な髪になりません。髪に十分な栄養を補給するには、土壌となる頭皮が健康でなければなりません。髪・頭皮を健康に保つのは、綺麗な血液なのです。血液が汚れたドブ川のようであると、頭皮・髪にいくべき栄養が不足しますが、悪影響はそれだけではありません。ドブ川の毒が頭皮の毛穴から皮脂に混じって排出されます。頭皮の毛穴には、汚れた皮脂が大量に分泌されます。毛穴の皮脂は通常のシャンプーでは落ちにくい場合があり、皮脂が残ってしまうと酸化され酸化脂質となり、臭いや痒み、炎症の原因となります。

また、髪は必ず抜けます。一日に100本程度の抜け毛は通常です。問題は髪が抜けることよりも、抜けた後に再度生えてくるかどうかです。栄養が不足している毛穴からは、髪が新たに生えてくる確率が減少してしまいます。

根本的な原因は頭皮にあるのではなく、血液の汚れにあるのです。血液を綺麗にするための生活習慣を心がけることが、根本から抜け毛を予防することになります。


  
Copyright (C) 抜け毛を予防する7つの習慣. All Rights Reserved.