血液を汚さないようにするには?|抜け毛を予防する7つの習慣

血液を汚さないようにするには?

血液を汚さないためにはどうするのか?

答えは簡単です。
@ 老廃物となる毒を入れない
A 老廃物を出す

の2つだけです。

@の「毒を入れない」ということで最も大切なことは食事です。添加物や農薬が多く混入されているものを食べるのは言うまでも無く避けるべきです。

食事の取り方も重要です。食事を取るということ自体が、毒を入れている場合があります。よく噛まずに食べたり、食べ過ぎたり、肉類など多く取り過ぎたりすると、異や腸で食事を十分に分解できずに、食べたものが腸内で腐敗してしまいます。その結果、血液も汚れることになります。

「経皮毒」をご存知でしょうか。「経皮毒」とは体の皮膚を通じて体内に毒が入るということです。シャンプーに含まれる石油系界面活性剤が頭皮から侵入するという意見もあります。この考えは賛否両論がありまして、正確なことは分かりません。ただ一つ言えるのは、「毒となる物自体を体内に入れないように心がける」ことは必要だと思います。

次にAの老廃物を体外に出すことについてお話します。人間の全ての排泄は老廃物を体外に出すという行為です。汗、尿、便はもちろんのこと、くしゃみ、鼻水、目ヤニ、痰などもそうですし、呼吸(皮膚呼吸も含む)も毒を出す行為です。頭皮も呼吸をしていますし、頭皮の毛穴からも皮脂が分泌され、毒を出しています。

では、より多く毒を出すにはどうすべきなのか。その答えは体を温めることです。体を温めることにより、代謝が促進されますし、汗をかきやすくなり、尿や便を排泄しやすい体質になります。

毒を入れずに、毒を出す生活を心がけると、血液が綺麗になり病気になりにくい体になります。慢性的な病気にもかかりにくくなりますし、抜け毛や薄毛の予防になります。


  
Copyright (C) 抜け毛を予防する7つの習慣. All Rights Reserved.