女性の抜け毛|抜け毛を予防する7つの習慣

女性の抜け毛 加齢と男性ホルモンが原因

女性の抜け毛抜け毛薄毛を気にしている女性は多くいます。ある調査によると、成人女性の約3割が抜け毛に悩んでいます。その中でも35歳以上の女性が多いようです。

意外かもしれませんが、女性の抜け毛の原因は「男性ホルモン」であることがあります。

女性も男性ホルモンを分泌しますが、若い間は女性ホルモンが男性ホルモンを抑制します。そのため、女性は男性よりも抜け毛が少ないのです。しかし、女性も40歳を過ぎると女性ホルモンの分泌が衰えてきます。そうなりますと男性同様に抜け毛が増加します。

歳をとること。これは人間の永遠の悩みであり、避けられないことです。女性にとっても加齢による抜け毛は、ある意味仕方がないことなのです。しかし、避けられないことではあるものの、予防することはできます。もちろん若いときから予防する方がよいのですが、抜け毛が気になってからでも遅くはありません。今すぐ抜け毛の予防を行いましょう。


若い女性の抜け毛 注意が必要

年齢が若い女性でも抜け毛が多い女性がいます。年齢が若い女性の抜け毛は、上記の加齢による男性ホルモンが原因ではありませんので、注意が必要です。

中には、甲状腺の異常や、鉄欠乏性貧血症など病気が原因ということもありますので、一度皮膚科で検診されることをおすすめします。

若い女性でも、加齢が原因でなく男性ホルモンが原因で抜け毛が増えることも考えられます。

加齢でなく男性ホルモンが原因となる場合、卵巣機能の低下が考えられます。生理不順、無月経などがあれば婦人科での検診もされた方がよいでしょう。

出産後もホルモンバランスが崩れやすく、一時的に抜け毛がひどくなる場合があります。
⇒ 詳しくは「産後の抜け毛」をご覧ください。

こちらも悩みすぎることはよくありません。


頭皮の乾燥で悩む女性が増えている

頭皮の荒れも抜け毛の大きな原因の一つです。特に女性は男性よりも皮脂分泌が少なく、頭皮が乾燥してあれている女性が増えています。

その原因には、シャンプー、カラーリング、パーマ液などの外的要因とストレスの内部要因があります。

外的要因を防ぐには、まずシャンプーを変えてみましょう。市販のシャンプーをお使いの方は多いと思いますが、市販されているシャンプーの中には、あまり頭皮、髪によくない化学物質が成分として含まれるものもあります。また、美容室のカラーリング剤やパーマ剤などで、頭皮がヒリヒリしたり荒れた場合は、美容室と相談してみましょう。他に刺激の少ない薬液がない場合は、他の美容室に変えることも必要かもしれません。

内部要因としては、ストレスが抜け毛の大きな要因です。頭皮は、ストレスや食生活の影響を最も受ける部分なのです。ストレスにより頭皮があれる方は多いです。痒みが増してきて、掻くと更に悪化するという悪循環に陥ることは避けたいですね。


  
Copyright (C) 抜け毛を予防する7つの習慣. All Rights Reserved.